少額で株を始めた場合のデメリットについて

株の始め方のメイン画像
少額での株の始め方でチェックしておきたい点です。ここではデメリットについてまとめています。メリット、デメリットの両方を理解しておきましょう。

少額で株を始めた場合のデメリットについて

少額での株取引では、メリットもありますがデメリットもあります。

メリット、デメリットの両方を理解した上で取引をするようにしましょう。

少額での株の始め方で、デメリットについてチェックしましたので確認しておきましょう。

★取引のタイミングに制限が

先ほどの記事の最後の方でも少し触れましたが、少額で始めた株の場合は取引のタイミングに制限があります。

普通の株式投資では取引時間内であればリアルタイムで取引できたのですが、少額の場合は取引注文をした日の翌日の値段で売買が行われます。

普通の株式投資と違い、売買の時間差があるので、もしかしたら不利な売買になってしまう可能性があるのです。

また、指値注文はできずに成行注文しかできないのもデメリットと言えるでしょう。

★手数料の比率が高い

株の始め方を知るにあたり、これだけは頭に入れておいて欲しいのが株の売買には手数料が必要であるということです。

少額の株の場合、購入金額が低いですよね。

ですから投資金額に対して手数料が占める割合が大きくなるのです。

手数料が高くなると利益を上げないと損をしてしまいます。

証券会社の中には、少額の株でも手数料を抑えたところがありますので比較してみると良いです。

★取扱銘柄が決まっている

少額で購入できる株は、取扱銘柄が限定されていることが多いです。

株価が上がりそうと思った銘柄でも、購入できないことがあるので注意してください。

初心者の株の始め方について、大まかに理解できたでしょうか。

最初は儲けなど考えず、少額で始めてみると良いですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright by antigoutremedies.com.